どのようにしてニキビができるのか?・ベストケンコー

 

 

 

 

 

「どのようにしてニキビができるのか?脂質のサイクルが機能しないので、余った脂質・使用済みの脂質・さらには老廃物・細菌・異物・これらのものが回収、処理されないため、肌の内部にたまってしまいます。これがいっぱいになり、なんとか処理するためにむりやり体外に排出します。これがニキビです。」「そういうわけで、ニキビのある肌はなんとなく汚く脂っぽいのです。このままにしていては、ニキビが治らないばかりではなく、肌の質もどんどん劣化していきます。こういったいわゆるゴミを回収・処理する器官はどこなのでしょう?」

「① 動脈からの血流により栄養素・酸素などを運搬・供給 ② 静脈・リンパ管によって老廃物・脂肪・異物・細菌・ウィルス・二酸化炭素などを回収・処理静脈(毛細血管)とリンパ管(毛細リンパ管)の役割の違い毛細血管は約 10 μ mですが、毛細リンパ管はそれより太く約 20 ~ 75 μ mです。分子量の大きい脂肪・細菌・老廃物・異物などは毛細リンパ管で回収し、分子量の小さい水分・二酸化炭素・ウイルスなどは毛細血管で回収され静脈に流れ込みます。水分の約 90%は毛細血管でのこりの約 10%が毛細リンパ管で回収されます。」

—『ニキビができたら まず読む本: ニキビのイロハから 効果的な独自の対処』Taiyou著

​詳細はこちら

© 2018 by BestKenko. Proudly created with Wix.com