ニキビ治療・ベストケンコー

 

 

 

 

 

ニキビができる過程について説明していきます。ニキビができる原因を要約すると、「肌のバリア機能の低下による肌のターンオーバーの乱れ」です。すみません。いきなり難しい単語が出てきましたね。もう少し細かく見ていきましょう。肌のターンオーバーとは肌が成長するサイクルのことです。一般的に、肌の状態が正常であれば 28日ごとに行われていると言われています。肌の表面にある角質は、 28日毎に古い角質が剥がれ落ちて、下に眠っている新しい皮膚細胞が肌の表面に現れて新たな角質になります。しかし、生活習慣の乱れなどが原因でターンオーバーが乱れると、角質が剥がれ落ちなくなり、毛穴が詰まってしまったり、皮脂の分泌量が増えたりするなど毛穴が詰まる原因になります。毛穴が詰まると皮脂が外に排出されないので、アクネ菌と呼ばれるニキビのもととなる菌と結びついて、ニキビができてしまいます。この章では、ニキビができるまでの過程について解説しました。今までよりもニキビについて知ることができたのではないでしょうか。第 2章大人ニキビと進行状態ニキビのできる仕組みが分かったところで、次にニキビのできる時期による違いを知っていただきたいと思います。ニキビには、僕が最初に悩んでいたように思春期にできる「思春期ニキビ」と、 20歳前後の大人になるころから出来るようになる「大人ニキビ」があります。思春期にできやすいと言われている思春期ニキビは鼻やおでこなどのいわゆる Tゾーンと呼ばれる場所にできやすいです。 Tゾーンはホルモンバランスの乱れなどが原因の皮脂の過剰分泌によってニキビが発生しやすいと言われています。大人ニキビとは 20代になるとできやすくなるニキビのことで、顎や頬、フェイスラインや首回りの Uゾーンと呼ばれる箇所に出来やすいです。 Uゾーンにできてしまう原因は皮脂の分泌量の少なさによる乾燥です。この、乾燥というのは食生活などの生活習慣の乱れも大きく関係しています。では、次にニキビには白色や赤色のものまで種類がいくつかあるので、それぞれ紹介していくことにします。まず最初にできるニキビは「白ニキビ」と呼ばれる白いニキビです。このニキビは毛穴の中に皮脂が詰まったことが原因で、進行すると炎症を起こして痛みを感じてしまうので初期段階からしっかりケアすることが大切になります。そして、次にできるのが「黒ニキビ」です。これは初期段階の白ニキビが空気に触れて酸化したことによってできてしまいます。」

—『モテる男子のスキンケア: 顔中のニキビに悩まされ続けた20代の若者の実体験に基づく対処法』斎藤健著

​詳細はこちら

© 2018 by BestKenko. Proudly created with Wix.com